SHOES MASTER

[ 12/29 2009 kawase ]  07:37 AM

DC展示会

blogのアップが遅くなりましたが、
先々週、恵比寿で行われた”DC FALL2010&WINTER2011″の展示会へ。
PC172386.JPG
膨大な量のアイテムが並ぶ会場。展示会モデルなので詳細は割愛します。
PC172387.JPGPC172388.JPG
もちろんDCの真骨頂、シグネチャーモデルも多数ありました。
PC172390.JPGPC172391.JPGPC172392.JPGPC172397.JPGPC172398.JPG
キッズ、ベイビーもかわいいです。
DC世代も親になり子供と一緒に履いている家族もいるんでしょうね・・・
PC172389.JPG
気がつけばもう17年目になんですよね、早いもので・・・

個人的な見解ですが・・・
スケーターのみならず、アクションスポーツ(サーフィン、スノーボード、BMXなど)、音楽、アーティストなど様々なシーンとクロスオーバーし、タウンユースとしても浸透しているスケートシューズだけど、この世の中に初めてスケートボード専用のシューズを開発したのは、etnies(エトニーズ)のピエール・アンドレ。1986年のことだった。書籍「Sneaker Tokyo」でも書いたけど、彼がいなければ現在のスケートボード業界も違ったものになっていたと思う。それから、一般的に限られたマーケットだったスケートシューズを一気にオーバーグランドに引き上げたのが1993年にスタートしたDCだと思う。ダニー・ウェイとコリン・マッケイの偉大なスケーターを筆頭に、シグネチャーモデル(ライダー主導のテクノロジーを進化させた)をスタンダードにし、ファッション界からも脚光を浴びてスケートシューズをファッションアイテムの一つとして浸透させた。その立役者がDCである。

昨日blogでも紹介したSUPRA(スープラ)もスケートボードシューズメーカーだし、
Emerica(エメリカ)のモデルが東京のセレクトショップに多く並んでいるのも、バイヤーが本格的なスケートシューズを置きたいと切望したと聞く。
また、SHOES MASTERVol.12でも紹介しているように、ナイキもスケートカテゴリーを独立させた”NIKE SB”、グラビスも “GRAVIS SKATEBOARDING”を新たな展開を始めた。
シューズ業界としてもスケートというカテゴリーが活性化していくのは間違いない。
(全体のマーケットから考えれば小さいかも知れないが)
来年には宮下公園にスケートパーク(予定)ができるのも追い風になると予測&期待している。

今、DCといえば様々なカテゴリーやアイテムがあり多数のアスリートをサポートしているが、
そのオリジン(起源)はスケートシューズであり、
今なお、コア(核)がスケートボーディングである。

その進化形を見守り続けたい、と思っています。

http://www.dcshoes.com/

楽しみにしていた「PROJECT GRANITE ASIA TOUR」DVD、
いつ頃発売ですかね・・・

2009年12月
« 11月   1月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

SEARCH

SHOES MASTER vol.22

City Exploring of “PALLADIUM”

FOEVERFASTER PUMA Campaign August 7,2014

special45. Resurrection! le coq sportif 2014 F&W


RSS