2016 | 03.17 | Thu | 16:50

HTM on the Record

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
河瀬です。
先日公開された、
HTM on the Record
の日本語訳が届いたので紹介します。
 

00

01

02

03

HTM on the Record
http://news.nike.com/news/htm-on-the-record
 
 
ナイキの最高峰のコラボレーション、HTM について
マーク・パーカー、ティンカー・ハットフィールド、藤原ヒロシ氏が語る
 
 
HTM とは、フラグメントデザインの創設者である藤原ヒロシ氏、クリエイティ ブコンセプト担当のナイキ副社長ティンカー・ハットフィールド、ナイキインク 社長兼 CEO のマーク・パーカーによるコラボレーションです。3 名のイニシ ャルをつなぎ合わせた HTM は、ナイキデザインの新しいコンセプトを探求し、 時に最新のテクノロジーの未来への活用を示唆しています。2002 年の 誕生以来、このコラボレーションからは、過去の名作をアップデートしたもの、 ナイキ フライニットなど最新のテクノロジーを導入したものなど、32 のプロ ジェクトが発表されています。以下は、3人が語る、ナイキで最も捉えどころ がないとされるコラボレーションの歴史です。
 

始まり
 

藤原 ヒロシ: マークと一度目か二度目にあった時、まだ CEO ではなかった 時に、「ナイキで何かやるとしたら、何をやりたいか?」と聞かれました。そ の時、シューズをカスタマイズしてアップデートできるプログラムをやりたいと 答えました。
マーク・パーカー: 私は日本に行く機会が頻繁にあり、そこでヒロシと出会い ました。もちろん、ティンカーとは エア マックス 1、エアトレーナー 1、 ACG、ジョーダンなどのプロジェクトで既に何年もの間一緒に仕事をしてい ました。ヒロシと一緒にいる時に、プロダクトやデザインについて長時間話し ました。ある日、私たちは、じっと座ってアイディアについて話し合うのでは なく、行動を起こして何かを作ってみたらどうかと思いました。
ティンカー・ハットフィールド: 最終的に HTM とは、マークのアイディアだと 確信しています。今思うと、これは彼好みであり、彼は適した人材を集める 術を本当に心得ているのです。
マーク・パーカー: 最高のパートナーシップは、本物の関係から生まれると 常に信じてきました。 HTM もまさにそのように結成されました。自然に生 まれたのです。

藤原 ヒロシ: 他社で、コラボレーションを表現するために頭文字を使ってい た例があり、コードネームとして、ヒロシとティンカーとマークを表現する 「HTM」を使いました。でも、まさかそれがそのまま公式の名前になるとは 思っていませんでした。
マーク・パーカー: 初めは他の人たちには何の意味もなさなかったと思いま すが、“HTM”と自分たちの頭文字を付けて、このプロジェクトだけのアイデ ンティティを確立しました。 シンプルな名前ですが、この制作過程におい て、私たち一人一人が貢献しているということを表すようになりました。 知識や技術を補い合う
マーク・パーカー: 私たちはそれぞれスタイルも仕事へのアプローチも異な ります。そして、その分最終的に出来上がる作品がより素晴らしいものにな ると思っています。その過程は、ジャズミュージシャン達がそれぞれリフを 演奏し、お互いのアイディアを膨らませていくジャムセッションに 例えること ができるかもしれません。3人の誰かが気になっている具体的なアイディア をベースにすることもあれば、もっと自由に考えを出し合うこともあります。 ヒロシは、どちらかと言うとスタイリスト・デザイナーで、スタイル、着用性、シ ンプルさに対する感性がとても高いです。日常生活におけるデザインのあり 方に対して鋭い眼を持っています。 ティンカーについては、これまでの素晴らしい作品自体が彼の役割を明ら かにしています。 彼は、 ただのシューズではなく、世界がそれまでに見た ことのない人間性に溢れる商品開発の先駆けとなりました。 アスリートの 表面に隠れた真の姿(スポーツだけでなく私生活に関しても)を浮き彫りに するという共同制作の土台を作り、ストーリー性のある高性能な商品を作り ました。

ティンカー・ハットフィールド: マークはいつも変わらない役割を務めていま す。彼はデザイナーですが、ディベロッパーでもあり、ナイキ スポーツラボ にいたこともある。さらに、彼はいつも誰と一緒に仕事をするのが良いか、ど んなプロジェクトを手掛けたら良いのかを選び取る能力を持っています。ま た彼は今あるものを洗練させたり、編集したり、組み合わせ直したりするこ とに関しては天才です。美しくまとめあげられた彼のオフィスが良い例です。 アートがあり、様々な人々のことを物語る思い出の品が寄せ集められてい るようで、なぜかそれが上手くまとまっている。これは彼の思考を象徴して いるようでもあります。
マーク・パーカー: 3 人それぞれの役割はコンセプトによって変わります。 また音楽で例えると、各プロジェクトの『センターステージ』に立つ人は、そ の都度自然に交代します。1 人のデザイナーの影響が特に強くなり、商品 にもその特徴が見えることがあります。
 

好機
 

マーク・パーカー: HTM は遊んだり、実験したり、新しいコンセプトを試す場 所です。商品化を期待されることなく、自由に取り組むことができ、少人数 のチームなので、非常に早く実行することができます。また HTM がデザイ ンチーム全体にインスピレーションを与えることもあります。これまでに私た ちはこの会社の既成概念を変えてきました。例えば、ウーブンを採用した 際、当時多くの人が驚いたかと思います。ソック ダートの開発は、ニット技 術活用の最先端でした。また、フライニット技術を一連の HTM シューズで 採用し、新しい技術でシューズの外観をどこまで変えられるかということを 強く打ち出しました。

04

HTMのコラボレーションの発表は2002年、アイコニックなエア フォース 1 をユニークな形に表現したものから始まりました。これは、日本のオタクカ ルチャーにも通じる目利きならではのアプローチで、ドレスシューズのような ブラックやブラウンの柔らかいプレミアムなレザーを使用し、フットベッドには 対象的な色で HTM のステッチを入れるなど、巧妙なディテールを加えて 仕上げたシューズでした。

ティンカー・ハットフィールド: 当初、HTM はクラシックなデザインをより良い形に表現するために、意外な色や素材を使ってみるという場所でした。
藤原 ヒロシ: あの時はまだ、 ラグジュアリーなスニーカーがまだ一般的で はなかったので、そこで初めて HTM がそういう感覚を持ったスニーカーを 提案したということだと思います。
マーク・パーカー: 実際に、HTM には制約というものがありません。通常は 大量生産しない商品を作るので、最高の素材を自由に使うことができます。 高級な革を使って、プレミアムなエア フォース 1を作りたいと考えました。 また、力強い配色をする代わりに、シューズの洗練されたシルエットを強調 し、縫い目に対比する色をあしらいました。

05

HTMは2004年、デザインの新しいコンセプトへと進化しました。その中でも 特に斬新だったのがナイキ ソック ダートです。画期的なシューズの世界 を開いたとされるナイキ ソック レーサーをもとに、コンピュータを使用した ニットの技術をアッパーに採用し、シリコンのストラップでサポート性を高め、 先進的な外観のソールと組み合わせています。
 

ナイキの未来を垣間見せる
 

マーク・パーカー: ソックダートは、ティンカーのチームが丸編機で遊んでい て生まれました。あのシューズは、1980 年代半ばのソックレーサーから始 まった、靴下のような商品開発行程の一部で、 最終的にフライニットの平 編み製法に繋がる重要な一歩となりました。
ティンカー・ハットフィールド: 私もソックダートのオリジナルのデザインに関 わった一人なのですが、あれは丸編みも使ったとても難しいプロジェクトで、 みんなにはこれは未来のフットウエアのデザインだと話していました。最初 に発売した時にはたくさん生産せずに、実際に誰の目にも止まりませんでし た。しかし私の記憶ではそれから間もなく、ヒロシがそれをHTMでやりたいと 言ったのです。

藤原 ヒロシ: その後、何度かマークとティンカーに、「あの靴は面白い、近 未来的だから再発したい」と提案しており、それがようやく HTM に採用され ました。
ティンカー・ハットフィールド: 正直に言うと、私がこのようなプロジェクトに参 加する理由の一つは、かつて誰の目にも留められなかった、埋もれた宝物 を掘り起こす機会となるからです。そこで未来のデザインへのひらめきを得 ることができます。ニット素材に関してもたくさんの研究を行っている時期だ ったので、ソックダートはその後のプロジェクトにたくさんの示唆を与えてくれ て、これが本当に先進的、近未来的なシューズだと認識させられました。
マーク・パーカー: 最終的にフライニットの平編み製法に繋がる重要な一 歩となりました。それは、 ナイキを将来的に盛り上げてくれるような 商品 に取り組んでいたことになります。
藤原 ヒロシ: HTM では、どちらかというと、あるものをアップデートするという よりも、新しいアイデアを最初にお披露目するという感じです。

06

その 8 年後、画期的なフライニット テクノロジーの発表というかたちで、ナ イキのニットが大きな進化を見せています。HTM は、ナイキ HTM フライニ ット レーサーと、ナイキ HTM フライニット トレーナー+でこのサポート性、 軽量性と環境持続性に優れたテクノロジーを紹介し、新しいコンセプトの起 爆点となりました。
マーク・パーカー: すぐにその素晴らしいフライニットのポテンシャルを感じま した。パフォーマンス商品のエンジアリングのルールを書き換えることにな ったことが明らかでした。従来の裁断・縫製の代わりにフライニットを使用す ることで得られる進歩を目の当たりにした時、 エアブラシとコラージュを比 べたかのようでした。 非常に精密な工程で、糸と編み方の両方を操作し て、サポート性、屈曲性や通気性などどのような機能性でも細かく加工で きるようになりました。
藤原 ヒロシ:フライニットのシューズはシンプルに見えて、とてもテクニカル。 本当にすごいテクノロジーだと感じました。しかし、初期のサンプルではあま りニット感がでていませんでした。「ぱっとみてニットだとわかる方がコンセプ トが伝わりやすいので、いろいろな色の糸をミックスして表現したほうがいいのではないか」というアドバイスをしました。それまでは、割とソリッドだったん です。最終的に、機能性に美を融合させて、本当に美しいシューズに仕上 げることができました。
ティンカー・ハットフィールド: HTMは既成概念を打ち破るようなテクノロジー を市場に出すのを、ある意味楽にしてくれるとも言えます。まず発売したこ とを伝え、人々にテクノロジーに気づいてもらう、そしてそこから大きく展開 することができる。その点、私にとってはフライニットの発売のやり方は、 HTM の目的やポテンシャルに一番適したものだったと思います。

07

2014 年、HTM はパフォーマンスバスケットボールの分野に進みました。 KOBE IX ELITE LOW HTM は初のローカットのナイキ フライニットのバスケ ットボールシューズであり、コートとカルチャーの境界線を越える存在になり ました。斑模様のシューレース、HTM 特製アグレット、リフレクティブ素材を 用いた蛇の鱗のようなパターンは、シリーズに共通するディテールへのこだ わりと、ブライアント自身のフットウエアへの妥協のない姿勢を反映するもの です。
 

コービーとの作業
 

藤原 ヒロシ: KOBE IX ELITE LOW HTM は、フライニットの進化を祝福する 機会になりました。はじめはランニングに用いられていた技術が、バスケット ボールのようにハードで、斜めにも動くようなスポーツにも使えるほど進化し ました。
ティンカー・ハットフィールド: もちろん、私がデザインしたシューズではあり ませんが、開発の間ずっと(デザイナーの)エリック・エイバーの隣の席に座 っていましたし、個人的にはこのシューズはこれまで作られた中でも最も手 の込んだ、とてもよくデザインされ、数々のテストを乗り越えたプロダクトだと 思います。
マーク・パーカー: コービーは常に最新のイノベーションが搭載されたフット ウェアを求めるので、HTM として初めて手がけるシグネチャーアスリートモ デルが彼のシューズというのはふさわしいように思えました。楽しんで作りま した。コービーも喜んでいました。彼もスニーカー好きなので、HTM のシュ ーズができたことを喜び、誇りに思ってくれたと思います。
 

HTM のレガシー
 

マーク・パーカー: (当初)HTM は自然に何か面白いことを考え、それを作 りたいという基本的欲求から生まれました。その過程は会社のデザインに 対するアプローチを象徴するものです。ナイキは HTM の探索には最適な 場所です。
ティンカー・ハットフィールド: この会社は新しいイノベーションや、誰もやっ たことのないものを実現し、それを基礎にしてきました。HTM はこの究極の 目的を実現する、最も明確な道のりの一つになっています。関わったこと を名誉に思える、とても得るものの多いプロジェクトです。同時に、とても楽 しい。ルールを破ることが前提だからです。楽しくないわけがありません。

pagetop