2016 | 04.03 | Sun | 08:28

Reebok CLASSIC “Furylite OG” colorway Release!

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
via
SHOES MASTER Vol.25
170-171P Reebok CLASSIC
Photo: Kengo Shimizu

_MG_1965
Reebok CLASSIC
Furylite OG colorway
 

懐かしのカラーをまとった“Furylite”
Furylite OG colorway
インスタポンプフューリーの人気オリジナルカラーをまとった“Furylite” が4月1日に登場した。1stカラーのシトロン、2ndカラーだったサックスなど は、どれも懐かしく、フューリーライトに乗せられたことで新鮮な印象も受ける。今春リリースされるフューリーライト&インスタポンプフューリーの注目 カラーを次ページでも紹介しているので、併せてチェックしてほしい。¥9,500+tax
 
About Furylite
インスタポンプフューリーのシトロンカラーは、2014年にオリジナルスペックで復刻され た際も即完売。象徴的なカラーリングであり、かつ人気も高い。そのシトロンカラーをま とったフューリーライトは、間違いなくヒットするだろう。

01

04

ブレーズンベリーはインスタポンプフューリーの3rdカラーとしてリリースされ、シトロ ンやトリコなどとともに、’90年代中盤のハイテクスニーカーブーム時代を牽引した。 2ndカラーのサックスは、歴代モデルの中でも生産量が少なく入手困難だったため、コアなファンに特に高い人気を誇ったカラー。そしてソーラーイエローは香港 出身のアクションスターとのコラボレーションによって1998年に登場したカラーだ。
各¥9,500+tax

02

03

フューリーライト躍進の理由
1994年にデビューしたリーボックのインスタポンプフューリー。ランニングカ テゴリーのフラッグシップモデルとして発表されたこのシューズは、ランナーより も、その斬新なデザインで世界中のスニーカーフリークを魅了し、今年誕生か ら22周年を迎えるが、その人気は衰えるどころか増すばかりだ。このモデル がここまでポピュラーとなったのは、現在も古さを全く感じさせない、未来を感じ る個性的なフォルムにあるが、そのデザインテイストを抽出しつつ、リーズナブ ルなプライスを実現すべく開発されたのが、2015年にリーボック クラシックからリリースされたフューリーライトである。ポンプ機能は省略しているが、オリジ ナルのインスタポンプフューリーのデザインを踏襲。スニーカーフリークから 愛されたデザインテイストはしっかりと受け継がれている。フューリーライトこ れまでに発表されたインラインモデル、「SIZE?」などとのコラボレーションモデルも良好なセールスを記録しているが、その求めやすい価格設定もあり、今後 より一層の躍進が期待されている。
解説:南井正弘

 
Reebok CLASSIC
http://reebok.jp/

pagetop