2019 | 05.30 | Thu | 05:08

MARQUEE PLAYER is ALL Made in Japan “SNEAKER WATER REPELLENT No.01”

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

昨日紹介したアマゾンキックスで
よく売れているのが(スニーカー以外で)
シューケア用品だという。
中でもよく売れているのが
マーキープレイヤーだそうだ。
 
本誌最新号でマーキープレイヤーの
何が優れているのか?
その人気の秘密を検証しているので
ウェブでも紹介する。

 
Photo : Erina Takahashi

Kensuke Kobayashi(MARQUEE PLAYER)
Interview
マーキープレイヤー 代表 小林健介

 

研究員の方たちと何回もサンプルアップを繰り返して
2年以上かかってようやく完成しました

 

――マーキープレイヤーの防水スプレーの特徴を教えてください
まずマーキープレイヤーのスプレーは、防水スプレーではなく、撥水スプレーなんです。防水は、完全に雨の侵入を防ぐのが防水スプレーで、撥水は雨をはじくのが撥水スプレーになります。
 
――でしたら撥水より防水スプレーの方がいい気がしますが?
なぜ撥水にしたかというと、弾くことで水汚れの予防になることと、完全に雨の侵入を防ぐとなると、スニーカーの通気性も損なってしまうので、あえて撥水にしています。防水にすることは可能なのですが、足が蒸れてしまうんです。 なので、雨を最大限はじきながら、通気性を最低限保つバランスを取っているのがマーキープレイヤーの撥水スプレーの特徴になります。
 
――そのバランスが難しいんですか?
そうなんです。あんまりその撥水効果を上げ過ぎてしまうと、撥水成分がスニーカー上に残ってしまって、ちょっと白っぽくなってしまうんです。通気性も損ないますし。そこのバランスがやっぱり難しいんです。撥水と防水のいい塩梅を調整して開発しています。
 
――開発にどれ位掛かかってたのですか?
研究員の方たちと何回もサンプルアップを繰り返して開発していくんです。なので製品化するまで2年以上かかって、やっとたどり着きました。
 
――その微妙なバランスが人気の秘密なんでしょうね
機能面で言えば、撥水のほかに、撥油効果と言って油をはじく性質も持っているんです。その効果によってスニーカーが汚れにくくなり、汚れても拭き取りやすくなる防汚性が高くなっています。あと、スプレーの噴霧自体も拡散し過ぎないように調整しているので使いやすさもあるかと。そういったトータル 的な機能性、利便性が支持していただいている理由だと思っています。開発や生産はとても緻密な作業なので、海外ではなく、日本国内で行っています。すべての工程においてひとつひとつ自分で確認して納得がいくまでやれているのは大きいですね。

 

SNEAKER WATER REPELLENT No.01 420ml
スニーカー用撥水撥油スプレー
¥2,000+tax

 
――いつスプレーするのが効果的ですか?
スプレー後、20~30分で乾き、乾いたら撥水加工が生まれます。
―急な雨な場合はどうしたらいいですか?
乾くまで全然効果がない、ということではないですが、乾くにつれてだんだん効果が高まっていく感じなので、理想は雨の日の朝、出かける30分前にスプレーしてもらえるとベストですね。
 
――持続時間はどれくらいですか?また、1回にどれ位スプレーするのが適量ですか?
履く頻度にもよりますが、約1カ月近くは持続効果があります。理想的な使い方としては、3週間に1度位、1回軽くブラッシングして表面上の汚れを簡単に取ってもらって、スニーカー全体に表面がちょっと湿った感じになる位にスプレーするのがベストです。拭き直すのは、表面に汚れや埃が付いていると、それがシミなどの原因になるので避けてください。人それぞれですが、リピーターの方も大体3カ月に1回ぐらいスプレーを買い足すような方が多いですね。
 
――シューズ以外にスプレーしても大丈夫ですか?
はい。素材的には、ナイロン、コットン、レザーなどにも使えて、衣類全般に使っていただいて大丈夫です。個人的には、キャップや、バッグがお勧めですね。特にバックパックは、気をつけて傘をさしていても濡れてしまうことがあるので、スプレーしていると便利です。

 

INFORMATION |
マーキープレイヤー
株式会社イングリウッド
050-3733-1128
https://inglewood.co.jp/products/

pagetop