2019 | 12.23 | Mon | 05:12

Sell Well Panther “PANTHER JOGGING MAGIC” at mita sneakers

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
パンサーといえば、
新生パンサーの第2弾モデルとして
リリースされたパンサージョギング マジックが
ミタスニーカーズで好セールスを記録。
サイズによっては在庫切れに
なっていたらしい。
 

PANTHER JOGGING MAGIC
 

現在は、
再入荷され再び
販売されている。

mita sneakers
http://www.mita-sneakers.co.jp/items/PTJ0013BEIGE.html

 

“PANTHER JOGGING MAGIC”
BIRTH SECRET STORY

 

本誌とウェブスペシャルでも紹介したが、新生パンサーを誕生させたのは、ミタスニーカーズの国井栄之氏である。彼のたっての希望でパンサージョギングは38年の時を経て復刻され、現代に甦った。しかし、もっとも彼が復活させたかったのはこの第2弾モデルだったのだ。昨シーズン取材したインタビュー記事を抜粋して、改めて紹介する。

 

New Face “PANTHER JOGGING”
by Shigeyuki Kunii(mita sneakers)
Interview

 

2年前のパンサーアーカイブルームで
「次は自分が履きたいパンサーを」と思ったんです。

 

 

–––今回のモデルはどんな経緯で誕生したのですか?
2年位前、別件のミーティングで会社に伺った時、たまたまアーカイブルームにオリジナルが置いてあったんです。そのモデルに目が留まっちゃって…。本来の案件もそこそこにパンサー ジョギングの話で盛り上がってしまいました。その時初めて「次のフェーズは自分が履きたいパンサーをお願いしよう」と思ったんです。パンサーの立ち上げからフィードバックに関わらせてもらっていたので、過去の再生と現代の機能を融合した逸足、というテーマで次の構想を伝えました。

 


PANTHER JOGGING MAGIC
NAVY

 

ようやく自分自身が履きたいパンサーが
リリースしたなと思ってます

 

–––それがこのベルクロだったんですね
はい。僕が子供の頃に見たようなフィッティングの構造っていうか、システムを使っていて、これがいいんです。 多分、海外のブランドとかだと、単純にマジックテープだけなんですけど。そのフィッティングのシステムの作り方にすごく日本らしさが詰まっていて。パンサーのアーカイブルームで見て衝撃を受けたのがベルクロだったんです。ボリュームがあるので、季節的には秋口にかけて足元に持ってきたほうがスタイリングにフィットするだろうということで、リリースのタイミングを逆に遅らせた感じです。

 

–––「自分が履きたいパンサー」が完成したんですね
言い方としては合ってるのか分からないですけど、ようやく自分自身が履きたいパンサーがリリースしたなと思ってます。今までリリースしたモデルも、もちろん履いてましたけど着用頻度は他のシューズに比べるとやっぱり低かったりしたので。どうしてもスタイル的に、僕のスタイルだとちょっと難しい部分もあった。でも、今回のモデルに関しては、シルエット的にも機能的にもデイリーユースで履ける一足になりました。

 


PANTHER JOGGING MAGIC
BEIGE

 
世界長ユニオン
0120-419-265
https://secu.tokyo/product/panther-jogging-magic-ptj-0013-beige/

pagetop