2020 | 06.08 | Mon | 05:34

via SHOES MASTER Web SPECIAL “KEEN 2020 SS” Recommendation Models

このエントリーをはてなブックマークに追加

 
 
キーンでもうひとつ。
ウェブスペシャルでも特集した
2020年春夏コレクションの
リコメンドモデルを改めて紹介する。
 
via
SHOES MASTER Web SPECIAL
Recommendation Models Part3
KEEN 2020 Spring/Summer
 

UNEEK SNK
NAOHIRO FUJISAKI(meanswhile)
キーンのデザインパートナーの一人であり、ファッションブランド、ミーンズワイルのデザイナー藤崎尚大氏がカラーディレクションを手掛けたユニークスニーク。今作では靴と接する地面に着目し、「地層」をデザインソースに選び、その変化からインスパイアされたカラーを提案。パーツごとに親和性のある色味をセレクトしつつも、グラデーションにならないように少しずつトーンを外すなど、絶妙に地層に見る時代の変化を表現している。落ち着いた中にも角度によって微妙な表情の変化が味わえるなど、上品で洗練された一足に仕上がっている。13,500円+税
https://www.keenfootwear.com/ja-jp/p/M-UNEEK-SNK.html?dwvar_M-UNEEK-SNK_color=1022382&cgid=

 
 

UNEEK SNK
ALEXANDER LEE CHANG
90年代初めのアウトドアエッセンスを織り交ぜ、完成させた、アレキサンダー・リー・チャン氏のデザインパートナーパック。ミッドソールにはスプラッシュパターンを採用し、左右非対称のデザインにするなど、同氏ならではの独特な世界観が表現され、コンクリートグレーやブラックを取り入れることで都会的な雰囲気も兼備。フィールドと街とをクロスオーバーさせるルックスはさすがのひと言だ。ヒールプルにさりげなくリフレクターを忍びこませるなど、細かい部分のこだわりも○。ブラックがメンズ、グレーがウィメンズカラー。13,500円+税
https://www.keenfootwear.com/ja-jp/p/W-UNEEK-SNK.html?dwvar_W-UNEEK-SNK_color=1022407&cgid=

 
 

YOGUI ARTSFULL
MandM CP/Black
キーンの定番クロッグ、ヨギアーツフルをベースに、“MandM CP”の村上俊実氏がデザインを担当。「今まで手掛けてきた雑貨のデザインを取り入れたいと思った」という村上氏の言葉通り、ボトムに合板を使うデザインを採用。アッパー表面にはシンプルな木材を活かしたデザインにブランドロゴを配し、表と裏で異なる表情を演出。全面に施すアートが特徴的なヨギアーツフルらしい一足となっている。7,800円+税
https://www.keenfootwear.com/ja-jp/p/M-YOGUI-ARTSFULL.html?dwvar_M-YOGUI-ARTSFULL_color=1022261&cgid=newarrivals_mens

pagetop