Photo: Kazumasa Takeuchi (STUH)
Edit & Text : Shin Kawase

About future HUMMEL HIVE
Top of Product Design
Marshall Hook(hummel)
Interview

2016年12月。ヒュンメルハイブとミタスニーカーズとのコラボモデルの発売を記念したローンチパーティーが原宿で開催された。翌日、発売が開始されたコラボモデルは即完売。一夜にしてスニ-カー業界にその名を知らしめることになったヒュンメルハイブだったが、その後は、その名前を聞かなくなった。2020年、ヒュンメルハイブが沈黙を破って再始動するという。今後の動向を聞くためにデンマークにいるプロダクトデザインのトップ、マーシャル・フック氏を取材した。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Marshall Hook(hummel)
Interview

マーシャル・フック / ヒュンメル フットウェア デザインチーム マネージャー

ヒュンメルハイブについて

–––あらためてヒュンメルハイブのバックボーンを教えてください
ヒュンメルは、1923年に誕生したデンマークのスポーツウェアブランドです。私たちが注力しているスポーツはサッカーとハンドボールですが、この数年、バスケットボールやラクロスなど、その他多くのチームスポーツにも関わっています。ヒュンメルハイブは、ライフスタイル製品のハイエンドラインになります。

–––ヒュンメル ハイブのコンセプトを教えてください
ヒュンメルハイブは、スポーツウェアと北欧のストリートスタイルを組み合わせたアパレル&フットウェアコレクションです。

–––他ブランドには真似できないヒュンメルハイブの最大の特徴を教えてください
ヒュンメルはスカンジナビアで唯一のスポーツウェアブランドであり、サッカーやハンドボール、ライフスタイルフットウェアとアパレルにおいて長い歴史があります。それゆえ、アーカイブが多くあり、それらは新しいコレクションへのインスピレーションにもなっています。ヒュンメルハイブは、スポーツに加えて、デンマークらしいデザインや多様性を認める社会的価値をミックスしたコレクションです。これは、他のブランドにはない組み合わせで、ヒュンメルハイブのユニークな特徴になっています。

今後の日本での展開について

–––再びスニーカーマーケットに向けてスタートさせた目的を教えてください
ヒュンメルは1923年に誕生した歴史のあるブランドですが、今また私たちのブランド価値を再発見している過程にあります。1980年代、ヒュンメルは興味深く、遊び心があり、風変わりなデザインを作成し、非常に明確なデザイン言語を持っていました。私たちはそうしたルーツに戻る方法として、ヒュンメルハイブをリスタートしました。

–––ヒュンメルハイブにとって、日本(東京)のスニーカーマーケットは、どんな存在なのでしょうか?
東京には世界で最も印象的なスニーカーショップがいくつもありますし、東京は素晴らしい街だと知られています。東京で成功することは私たちにとって大きな意味があります。私たちの取り組みが東京のスニーカーシーンにとって新鮮で興味深いものになるように、私たちは自らが信じているデザインをつくり続けていきます。

–––ヒュンメルハイブが、日本(東京)のファッションブランドから影響を受けることはありますか?
ヒュンメルハイブのデザインチームが拠点を置くデンマークと日本には興味深い類似点がいくつかあります。両国とも非常に古い伝統と価値観に革新的で実験的な考え方を組み合わせ、過去と未来の両足で生きているように感じます。こうした類似性はヒュンメルハイブのデザインチームにとっても興味深いことで、私たちは日本を訪れては、インスピレーションを得ています。

–––今後、日本のスニーカーショップとのコラボレーションモデルを展開していく予定はありますか?
ヒュンメルハイブでは、私たちと価値観やビジョンを共有するブランドやショップ、デザイナーとの興味深いコラボレーションプロジェクトを常に探しています。 一緒に仕事をしたい日本のブランドやお店はたくさんありますし、面白い計画もいくつかありますが、まだ決定したものはありません。

–––ヒュンメルハイブをどんな人に履いてほしいと思っていますか?
ヒュンメルハイブは、私たちヒュンメルにとって旅の始まりに過ぎません。ヒュンメルは宣伝を多くするブランドでもありませんし、既に確立されたブランドを身につけたい人にとっては、おそらくマッチしないと思います。ヒュンメルハイブを着用するのは、おそらく何か違ったものを探している人でしょう。

–––ヒュンメルハイブのコンペティターとなるブランドは?
非常に印象的なマーケティングキャンペーンを行って、著名なセレブやインフルエンサーを引き付けるために、大きな予算を動かすスポーツブランドはたくさんあります。 ヒュンメルはアンダードッグであるため、コンペティターを特定できる立場にいるわけではありません。ただ、私たちは自分がすべきことをして、人々が楽しんでくれるような面白いアイテムをつくるだけです。

–––5年後、ヒュンメルハイブのイメージは?
私たちは持続可能性に大きな関心を抱いており、より責任を持って、商品をつくる様々な方法を検討しています。 今後5年間で、環境への負荷が少ないアパレルやシューズをつくるといったサステナビリティで、大きな前進ができるように取り組みを進めています。

 

HUMMEL HIVE
2020 SPRING & SUMMER
BEST SELLECT

HUMMEL HIVE
POWER PLAY MULTI

スウェードのアッパーにゴム製アウトソールを採用したボリューム感のあるモデルは、デンマークらしいカラーコンビネーションが特徴的。足元を遊ぶヒュンメルハイブらしく、春らしいスニーカーに仕上がっている。11,000円+税

HUMMEL HIVE
STADIL 3.0 SUEDE MULTI

ヒュンメルハイブから、ジェンダーニュートラルな一足が登場。プレミアムスウェードを採用し、遊び心のあるマルチカラーでデンマークの避暑地コールドハワイが表現されている。9,000円+税

HUMMEL HIVE
EIRE CHASE

ヒュンメルではめずらしいボリューミーなタイプのスニーカーがヒュンメルハイブからリリース。アッパーの素材には、スウェード、レザー、メッシュをコンビで採用し、デンマークブランドらしい独特なカラーリングが印象的な一足。14,000円+税(4月中旬発売予定)

HUMMEL HIVE
COMPETITION

ヒュンメルではめずらしいノスタルジックな雰囲気の1990年代のランニングモデル。砂浜や波模様にインスパイアされた新しいアウトソールを採用したハイブリッドモデル。12,000円+税(4月中旬発売予定)

BRAGA VINYL
ソールにボリュームがあるホワイトスニーカーに、ブルーとイエローのネオンカラーを入れることでスポーティーかつ北欧ブランドらしくスタイリッシュに仕上がった一足。S-Rush限定モデル。12,000円+税(4月中旬発売予定)

 

hummel 2020 SPRING & SUMMER
LIFESTYLE SNEAKERS
SELLECTION

STADION
スポーティーなヘリテージをアップデートしたアーカイブモデル、スタディオンは、シェブロンラインとコントラストをなすアウトソールカラーが特徴。ナイロンとスウェード素材を用い、70年代を感じさせる一足に。6,500円+税

SLIMMER STADIL CANVAS LOW
ヒュンメルスニーカーの代名詞ともいえるスリムシルエットのキャンバススニーカーに北欧デンマークらしいカラーリングが充実。カップソール製法を採用し、履き心地も向上している。6色展開。4,800円+税

STADIL 3.0 SUEDE
履き心地がアップデートされたスタディール 3.0 クラシックをベースにスウェード素材を採用したモデル。フレッシュなネオンカラーでポップな雰囲気に。8,500円+税

STADIL 3.0 SPORT
ハンドボールシューズの復刻モデルは、バルカナイズ製法で仕上げたレトロなローテクスニーカー。スリムなシルエットで幅広いスタイリングに合わせやすい一足6,000円+税(4月下旬発売予定)

 

about hummel
デンマークのライフスタイルスポーツブランド、“hummel”(ヒュンメル)は、世界で初めてスタッド付きスパイクを開発し、1923年に誕生。革靴でサッカーをしていた当時、真っ平らな靴底にスタッドを付け、グリップ力の飛躍的向上をもたらした。今までできなかったプレーを可能にしたスパイクに、重過ぎるために理論上飛べないとされるマルハナバチ(ドイツ語でhummel)が努力を重ねて飛べるようになったという逸話を重ね合わせ、ブランドネーム&ロゴに採用。1999年にはレトロスタイルとスポーツを融合したファッションラインをスタート。90年の歴史を経て、現在は“Change the World Through Sport.”(スポーツを通して世界を変える) をブランドミッションに、独自のブランドストーリーを展開。新しいチャレンジを続けている。

INFORMATION
hummel
0120-50-7789 (エスエスケイお客様相談室)
http://hummel.co.jp

pagetop