Photo : Osamu Matsuo (STUH)
Edit & Text : Shin Kawase

Classics never go out of style.
Since 1966 From California

ケー・スイスは1966年にカリフォルニアで誕生し、日本でも1980年代に爆発的な人気を誇り圧倒的なセールスを記録したシューズブランド。世界で初めてオールレザーのテニスシューズを作ったことでも知られ、発売後、半世紀以上経った今でも世界で愛され続けている。クラシックシリーズをはじめとする定番モデルセクションをお届けする。

このエントリーをはてなブックマークに追加

K・SWISS 2018 Fall / Winter
Footwear Selection

Lineup
Classic 66 JPN
Classic 66
Classic 88
KSL 02
Addison Vulc S Sde
Court Pro Ⅱ T CMF

Classic 66 JPN
1980年代に大ブレークしたチェコスロバキア製クラシックをメイド イン ジャパンで忠実に再現。シルエット、ディティールなどオールドファンには懐かしい一足。オールホワイトとブラックの2色展開。デビューから半世紀以上も愛され続ける名品番。
¥18,000+tax

Classic 66
ケー・スイスが誕生した1966年に世界初のレザーテニスシューズとして発売されたモデル、クラシック 66。アッパーパターンやソールデザインなど、当時のデザインがベースとなっている。ブルーとホワイトの2色展開。
¥13,000+tax

Classic 88
1988年に誕生し、今年30周年を迎えたケー・スイスの顔というべき定番モデル。アッパーの伸びを防ぐ5本ラインや登山靴からヒントを得たDリングなど、当時の最先端機能が盛り込まれたデザイン。6色展開。
¥9,800+tax

KSL 02
アーカイブモデル、エバーをリアレンジしたネクストジェネレーションに人気の定番モデル。ボリュームがあるフォルムとソール、ヒール部分のデザインがポイントになっている個性的な一足。
¥7,800+tax

Addison Vulc S Sde
シンプルながら5本ラインが特徴的でストリートシーンにもマッチするコートタイプのスニーカー。つま先部に補強材を配置したレトロな雰囲気が人気の定番モデルにスエード素材でバーガンディとブラックが登場。
¥8,000+tax

Court Pro Ⅱ T CMF
ケー・スイスのアイコン、クラシックのデザインを継承するデイリーユースなコートタイプスニーカー。アッパー素材にムラ編みテキスタイル素材を使用し、インソールには低反発のメモリーフォームを搭載することでクッション性にも優れたモデル。3色展開。
¥7,800+tax

KSL 02 BL
90年代を代表するエバーの復刻モデル、KSL 02のビックロゴ(BL)で登場。クラシックなフォルムながら、存在感のあるチャンキーなソールとヒール部分が特徴的なモデル。2色展開で2019年の1月に発売される予定になっている。
¥8,000+tax

Voice of sneaker shop
IKEDAYA KUTSUTEN
About K・SWISS

1966年、世界で初めてオールレザーのテニスシューズを作ったことでも有名なケー・スイスには、異なる二つのファン層が存在することをご存知だろうか?1980年代に日本でも爆発的な人気を博し、圧倒的なセールスを記録したクラシック世代と、2000年代にブレイクしたKSL 02世代。異なる二つのファン層が存在する稀有なブランドの魅力と今を知るために東京・上野のイケダヤ靴店を訪ねた。

About K・SWISS
Kouhei Masafuji (IKEDAYA KUTSUTEN)
Interview

イケダヤ靴店 店長兼商品マネージャー
マーチャンダイザー&プレス
正藤光平

–––ケー・スイスをいつ頃から展開されていますか?
12~13年前から置かせてもらっています。僕は今30代半ばでいわゆるケー・スイスのクラシック世代(40代後半~50代前半)ではなく、ヒップホップシーンでも支持されたKSL 02世代(20代後半~30代)なんです。でも僕はクラシックが好きで学生時代から履いていたんです。お店でクラシック世代の方を接客することが圧倒的に多いので、逆にお客さんから「ケー・スイス クラシックは本当にいいぞ!」と何度も逆にプレゼンされて(笑)、更に好きになっていったんです。ケー・スイスは昔から履き続けて頂いている顧客さんが多く、イケダヤ靴店にはなくてはならないブランドのひとつなんです。

–––人気のモデルを教えてください
クラシックシリーズ、KSL 02の両方売れていますね。クラシックは、クラシック 66(日本製)とクラシック 88のどちらも好調で、クラシック 88人気カラーの順番は、トリコロール、ブルー、ホワイト、ブラウン、ブラック。うちの場合、顧客さんが多いのでホワイトは持っている方がほとんどなので、トリコロールやブルーをお勧めすると買われていくんです。あと、ブラウンを買う方だけは、不思議とブラウン以外は履かないんですよ。先日も地方からブラウンをわざわざ買いに来られてブラウンを2足買って帰られました。

–––支持される理由はどこにあると思いますか?
クラシックという名前の通り、変わらない普遍的な良さがあり、10年後、20年後も履ける本当のクラシックであること、ですかね。アッパー素材にいい質感のレザーを使いながら、ラバーのソールを縫い付けてあって丈夫ですし10、20年と履いてらっしゃる方も多いです。親から子へ伝えていく伝統みたいな感じで、店頭でお父さんが子供に勧めて親子で購入していかれる方も多いんです。

–––購入する方に特徴などはありますか?
クラシックに関しては、断然クラシック世代が多いですが、大学生や60代位の方もよく選んでいかれるんです。そういう意味では年齢層の幅が広いですね。ファッションは年齢層を問わず、オーソドックスな感じの方が多いですかね。KSL 02世代は30代が圧倒的で、ファッションスタイルも太いパンツを履いているヒップホップスタイルの方が多くて、ちょっと個性的な方になりますね。ケー・スイスは、ひとつのブランドではめずらしく、異なる二つのファン層が存在する稀有な存在がなんです。あと、アディション バルカは、普通に10代後半から20代前半の方によく売れますね。でも選んで行かれる方はほとんどケー・スイスを知らない世代の人ですね。あっ、そしたら三層に分かれている本当に稀なブランドになりますね。

–––今後、ケー・スイスにどんなことを期待していますか?
ケー・スイスが大好きでずっと履いている顧客さんに対して、ずっとその人にとってのスタンダード“クラシック”であり続けて欲しいです。なのでケー・スイスには、新しいことにチャレンジしつつ、こだわりを持続しながら良い意味で変わらないブランドでいて欲しいです。

–––今後、一緒に取り組む予定はありますか?
クラシックのキャンバスモデルは、オールシーズン履けて、レザーシリーズとともに10年後、20年後も定番で在り続けられるアイテムが欲しくて、イケダヤ靴店から提案させて頂いたんです。必要だと感じたら意見を言える関係にあるので、これからも提案しながら一緒に取り組んでいきたいですね。

K・SWISS 2018 Fall / Winter
Special Edition
Exclusive Model Selection

カリフォルニア州で誕生したブランドらしく、LAブランドとのコラボレーションモデルを多数リリースしているケー・スイス。LAを代表するブランドとのコラボレーションモデルが発表された。ストリートウェアのアイコンであり、ネクストジェネレーションとして注目されている人物アンワー・キャロッツとブランド設立当初から世界のミュージシャンやセレブリティーを虜にしているストリートブランド、ジョイリッチだった(グローバル情報解禁日以降に紹介)。

K・SIWSS ×Anwer Carrots
Si-18 internatinal Carrots

LAストリートウェアのアイコン、アンワー・キャロッツとのコラボレーションモデル第3弾。人気のアーカイブテニスシューズ、Si-18 インターナショナルをベースに、イメージカラーのオレンジに加えてネイビーをポイントに配置。オリジナルは象徴的なデザインとして、シュータンとヒール部分にグランドスラムの国旗を配置しているが、本モデルはアンワーゆかりの父の母国であるヴァージン諸島、母のナイジェリア、生まれ育ったアメリカ、ファッション面で多大なる影響を受けた日本の国旗が付られている。9月15日に発売予定。
¥18,000+tax

Since 1966
K・SWISS History

ケー・スイスの歴史は、シューズカンパニーを立ち上げるという夢を追った2人のスイス人兄弟が、米国カリフォルニア州に移り住んだことから始まった。今から52年前の1966年のこと。テニスプレイヤーであり、スキーヤーでもあった彼らは、高品質なテニスシューズを作り出すためにスキーブーツの機能性にヒントを得て、世界で初めてオールレザーのテニスシューズ“ケー・スイス クラシック”を誕生させた。そのパフォーマンステニスシューズ、ケー・スイス クラシックの特徴は、激しいプレーでのレザーの伸びを抑えホールドする「5本のストライプ」。スキーブーツや登山靴からヒントを得た 靴紐を確実に締められる「Dリング」。磨耗の激しいつま先の強度を高めた「スリー・ピース・トウ」。クッション性に優れたインソールの「ブルーポロン」。優れたグリップ力を発揮する「ブリックアウトソールパターン」など、今ではブランドの象徴となっている数々の優れた機能が凝縮されたテニスシューズだった。ケー・スイス クラシックは、瞬く間にトップアスリートの支持を集めたのはもちろん、トレンドセッターからも支持を得て世界中で愛されるシューズへと成長して行った。それからケー・スイス クラシックは、約半世紀に渡って、多くのファンに支持され続けるロングセラーモデルとなった。2009年にはモデル名を“ザ クラシック”に改め、軽量化や立体構造のカップインソールを採用するなど、細かな履き心地の改良を加え、今なお進化し続けている。

The design of
K・SWISS Classic
has meaning.

~K・SWISSのデザインには意味がある~
1966年に発表されたパフォーマンステニスシューズ、ケー・スイス クラシックは、激しいプレーでのレザーの伸びを抑えホールドする「5本のストライプ」、スキーブーツや登山靴からヒントを得た靴紐を確実に締められる「Dリング」、磨耗の激しいつま先の強度を⾼めた「スリー・ピース・トウ」、クッション性に優れたインソールの「ブルーポロン」など、今ではブランドの象徴となっている数々の優れた機能が凝縮されたテニスシューズだった。

INFORMATION
Selling Agency
CONVERSE FOOTWEAR CO.,LTD
INFORMATION |
Lihn 03-3407-3419
https://www.k-swiss.jp/

pagetop